fbpx
2021.8.9カーテン

ブラインドの取付方法-窓枠内への取付けー

こんにちは!
元カーテン施工部のごとうです。
今回は、アルミのブラインドの取付け方をご紹介します。
コツさえつかめば、一般的なカーテンの機能レールより、もっと簡単なんです!!
しかも、昔は鮮やかな色彩のブラインドしかありませんでしたが、
今は木目調のブラインドもあるんです!
触れるとアルミですが、見ためは木で高級感がります。
裏表が違う色なんてのもあるので、気分によって色を変えてみたりも出来ます。

 

-アルミブラインドとは?-
スラットと呼ばれる羽の部分がアルミ製のブラインドのことです。
刑事ドラマで、窓から外を覗くシーンで、写っているあれです。

また事務所や水回りによく使用されており、重量が軽く、腐食に強く、低価格といった特長があります。
スラットの幅は25mmが標準で、よりスタイリッシュに見せる15mmタイプのラインナップもあります。
耐水性の要否、取付方法、操作方法の3つが選び方のポイントです。

 

 

それでは、取付開始です!

 

【必要道具】
・ドライバー(電動ドライバーがあれば楽で早い!)
・キリ(千枚通し)
・ビス
→窓の木枠や木部に取り付けるなら、15㎜ぐらい
→クロスや珪藻土(漆喰)に取り付けるなら45㎜ぐらい

 

一般的にブラインドはスッキリ見せる商品なので、窓枠内に付けることが多いです。
ただし両サイドの隙間が5㎜ぐらいづつ空いてしまうので、隙間からの光漏れが気になる方は窓枠を覆う、外付けをおススメします。

 

スッキリ窓枠への取付方法は

ブラインドの金具の前面を、窓枠の前面に合わせます。

 


キリで下穴を開ける。

 


ビスで固定する。

 


金具のツメにブラインドも溝を引っ掛けて、パチンと音がするまで押し込みます。
Point!  窓に向かって斜め上に押し上げるイメージではめ込みます。



金具にブラインド本体を固定できたら完成です。
※金具の個数は、ブラインドの幅によって違うので付属している金具すべてを使用し、等間隔で取り付けてください。

 

いかがでしょうか?
レールの取付より簡単にできますよ!
分からない点がございましたら、当店のサンプルでお伝えいたしますので何なりとお申し付けください。

次回は、窓を覆う取付け方をご紹介します。

-*-*-*-*-*-*-*-

お店では、
TOSO
タチカワブラインド
ニチベイ

3社のブラインドをお取り扱いしています。
ハーモニックハウスでご購入いただく際は、いつでもカタログ価格の45%OFFでお買い求めいただけます*

-*-*-*-*-*-*-*-

 

BLOG