fbpx
2021.8.20カーテン

均一価格のオーダーカーテンのオプション④クラッシュ加工

 

こんにちは、スタッフのオオニシです。

今回は、オーダーカーテンのオプション第4弾、
レース生地ならではのクラッシュ加工というものです。

「クラッシュ加工」とは、レース生地に特殊な加工を施し、故意にしわを寄せる加工のことです。
この加工により、洗いざらしのようなクシュクシュとした凸凹が生まれるため、独特でナチュラルな風合いをお楽しみいただけます。
同じポリエステルの素材の生地でも、加工を施している生地の方が見た目や手触りが柔らかく、すごくやさしい印象をお部屋に与えてくれます。

特に素材感を楽しみながらスタイリッシュな空間を希望される方にはお勧めです。
当店では、クラッシュ加工を施した生地にさらに上質な刺繡をあしらったレースも多数ご用意しております。
レースの生地で迷われた際は、クラッシュレースでワンランク上の空間の演出にお役立てください。

 

※クラッシュ加工レースについての注意点
○特に丈の長さの安定性がよくありません。そのためカーテンシェードの製作ができません。
○均一価格のオーダーカーテンの通常仕様には、裾の両サイド部分にウェイトバーと呼ばれる重りが付いていますが、クラッシュ加工の場合はウェイトバーはつきません。
○前回ご紹介したウェイトロック加工はできません。
ウェイトロック加工についてはこちら(クリックすると記事にとびます)

○元々の生地に加工が施されているので、+料金は不要です。
○クラッシュ加工の生地を通常のフラット生地に加工し直すことは出来兼ねます。

 

BLOG