fbpx

ウォールナット材/リビングダイニングスタイル/スタッフ家具紹介vol.02

ウォールナット材リビングダイニングテーブルとベンチソファ

こんにちは!

今回ご紹介させていただくのは、

お客様邸の家具ではなく、

スタッフの自宅の家具を紹介します!

そのスタッフは私です!!

 

◆買い替え前はどんなテーブルを使っていたか(読み飛ばし推奨)

現在の住まいに半年前から住み続け、

以前使用していたダイング関係を処分したため、

半年以上このテーブルを使っておりました、、、、、

代用コールマンの折り畳みテーブル

キャンプ用テーブルで代用、、、、

屋外用/キャンプ用の折り畳みテーブルを屋内で使用、

椅子は勿論なく、大きめの座卓として使用していました。

当初は特に不便はなかったのですが(私だけかも、、、)

折角引っ越したのに、

いつまでもこの生活スタイルはよくない!ということで、

引越しでショートした購入資金が溜まったのを機に、

購入へと踏み出しました。

 

◆当初の希望

当初から、

材質は妻の意向で落ち着いたウォールナット材。

テーブルは出入りのしやすいT字脚で、

と考えておりました。

チェアは通常のダイニングチェアを2~4脚。

T字脚ダイングテーブルイメージ

写真はレッドオーク材

リビングスペースには同じタイミングで、

下記のソファも購入予定でした。

購入予定ソファイメージ

無謀にも幅2400mmの壁にギチギチのサイズで

ソファを収めるつもりでいました。笑

 

◆色々考えてみた

①自宅がマンション。2LDKの限られたスペース
②子どもの成長

を考えると

今はモノが少ないが、子どもの成長と共に、

収納棚やおもちゃ等が増えていくだろう、、、

①の限られたスペースでダイングテーブルと

大きめの本格的なソファを今から購入して

果たして大丈夫だろうか…という不安。

本格的なソファを今購入しても、

自分の子どもや子どものお友達が遊びにきた時、

ソファで跳ねたり・汚してしまう危険性が高い!

(他のスタッフ経験談)

色々夫婦で相談した結果、

空間を広く見せたいことと、本格的なソファの購入は

子どもが大きくなってからでもいいか!という事で、

ダイニング家具は、ダイニングとリビング兼用の

ソファダイニングを購入することとになりました。

 

◆家具詳細

上から見たウォールナットダイニングテーブル

ダイニングテーブルは、ウォールナット材のT字脚。

W1500mm×D900mm×H650mmの別注サイズで造りました。

W1500mmであれば、

使い勝手がいい奥行は800mmか850mmですが、

奥行を900mmにすることで、

ソファのL字の短い部分に座っても

食事スペースが広々取れます。

テーブルの規格の高さは710mmですが

5cm程低くし、ソファチェアとの高さを近づけました。

テーブルの高さをチェアの座面の高さと近くすることで、

カフェのような雰囲気が生まれ、

よりリビング家具的な寛ぎを演出できます。

ソファチェアは、

カバーリングタイプのため外して洗えますが、

白を選んだのでやはり汚れは気になります。

そういった場合は、スプレータイプの布用汚れ落としを活用すれば

多少の汚れは弾いてくれるので、ササっとお手入れできちゃいます◎

リビング用のソファとは違い、

食事を取ることを前提とし造られたダイニングソファチェアは、

座面が深すぎず程よい硬さなのが気に入っています。

ダイニングテーブルは

サイズ・脚の形状・樹種が選択でき、

当店でも人気のテーブルです。

また、写真では分かりづらいですが

当店では唯一の耳付きのテーブルです。

ダイニングソファは、

他にも1Pやアーム付ベンチもあり、

用途に合わせて組合せて頂けます。

 

ダイニングソファ横から

背もたれも実は微妙なカーブになっていて、

座る位置によって背当たりが違うのも魅力です。

 

・今回ご紹介したダイングテーブル
・今回ご紹介したダイニングソファチェア

 

BLOG