2022.11.6カーテン

窓まわり商品/アルミ素材のヨコ型ブラインド

_

こんにちはスタッフのオオニシです。
今回はアルミ素材のヨコ型ブラインドをご紹介します。

はじめに

ブラインドの歴史は、水辺の街ベネチアで水面に反射する光を避け、調整する工夫から始まったと言われています。

ですので、カーテンやスクリーンと違い 光の調節が得意な商品です。

ハネがしっかり閉じるので、視線が気になる窓や浴室で使用されると安心です。

ブラインドの特徴

ブラインドが得意な【光と視線】の特徴について説明します。

①光のコントロール

外からの光を最大限に遮ることができます。プライバシーを守りたい昼間や室内を暗くしたいときに適しています。

スラットを全開にする

適度に光を遮りながら、直射日光を直接採り入れて、室内全体を明るくすることが出来ます

スラットを屋外側に斜めにする(凸面を屋外側に)

1-3、 スラット(羽根)を水平にする

直射日光を遮りながら、最も眺望をよくすることが出来ます。

1-4、 スラット(羽根)を室内側に斜めにする(凸面を室内側に)

適度に光を遮りながら、直射日光を直接採り入れて、室内全体を明るくすることが出来ます

②視線をブロック

外からの視線からプライバシーを守り、安全で安心な暮らしをつくる。上からの視線をブロック

下からの視線をブロック

外からの視線をブロック

③細やかなコントロール

様々なシーンに合わせて採光や外からの視線を思いのままに。

上部スラットを水平・下部スラットを閉じる

上部スラットを閉じる・下部スラットを水平

おすすめオプション

風でアルミブラインドが『パタパタ』と音が鳴って気になった場合、窓枠にボトムレールを固定して揺れるのを防ぐオプションがあります。

メーカーによって呼び方は違い、タチカワブラインドは『あふり止め』、ニチベイは『振れ止めホルダー』、TOSOは『振れ止め』と言います。

【タチカワブラインド/あふりどめ】

【ニチベイ/振れ止めホルダー】

タチカワブラインドとTOSOはビスで固定しないといけないですが正面付け天井付けどちらも対応しています。

ニチベイは天井付けのみですが両面テープで固定できるのと折り畳みができて使わない時は畳めてスッキリしています。

【TOSO/】

TOSOは商品のご注文時にご要望いただきましたら サービスでついてきます◎

元カーテン施工部のスタッフから見てもこれはかなり便利でストレスが軽減されるいいオプションということです♪

ぜひお試しください。(※ご使用いただけない商品もございますのでスタッフへお確かめください)

まとめ

インテリアとしてもスタイリッシュですっきりとした印象のブラインド。

今回はアルミ製のブラインドを紹介しましたが、ブラインドにはアルミの他にあたたかみのある木製もあります。

それぞれのお部屋の窓によって必要な性能を考えてアイテムを決め、家具の素材、お部屋の床や建具などとのバランスをみながらアイテムの素材やカラーを決めていくのがポイントです◎

ご来店お待ちしております☺

*アルミブラインドの取付け方法リンク*

窓枠外への取付け

窓枠内への取付け

BLOG