fbpx

柿渋塗装無垢のダイニングテーブル/お客様納品事例019大阪市西区K様

こんにちは!
今回ご紹介させて頂くのは、大阪市西区K様邸です!

◆柿渋塗装のダイニングテーブル

マンションの無垢ダイニングセット画像ではサイズ感が伝わりにくいですが…

・サイズ変更自由自在

柿渋塗装主材ホワイトオーク・天板中心ウォールナット材のダイングテーブル 柿渋塗装のダイングテーブル下からのアングル

テーブルはW1800×D900×H710の大きめサイズ。

幅・奥行・高さがサイズ変更可能なのはもちろんのこと、
2本あるT字脚の脚間の幅も自由に変更いただけるので、お気に入りのベンチをテーブル下に収納するのに脚が邪魔!なんてことがなくなります。
また、テーブルの奥行方向に、キッズチェアや通常のチェアを置く際に脚が当たって深く座れないこともなくなります!

脚の形状も。T字状の形状・通常の4本脚タイプの2種類お選びいただけます。

 

・材は2材種、組み合わせ4種類。

今回、お客様がお選びいただいたテーブルは主材はホワイトオーク時材で、アクセントとして天板の真ん中/縦に一線ウォールナット材を使用しているタイプのものです。

①全てホワイトオーク
②全てウォールナット材
③真ん中ウォールナット材/その他ホワイトオーク材
④真ん中ホワイトオーク材/その他ウォールナット材

の4タイプが御座います。

↓こちらは全てウォールナット材で4本脚のタイプです。柿渋無垢材ダイニングテーブル全てウォールナット材4本脚横から

 

・柿渋塗装の魅力

柿画像
塗装は柿渋塗装で天然由来の成分ながら、強靭な被膜性で家具を保護します。
渋柿の塗料は、未成熟な果実を砕き、絞った液を発酵・熟成して得られる、赤褐色で半透明の液体です。
タンニンを多く含み、古来より古くは法隆寺の建材の表面塗装など、様々な用途に用いられて来た日本固有のものです。
 

◆ベンチ

・材は3材種、サイズ幅も選べる。

ダイニングベンチ

写真はブラックチェリー材

テーブルの右側にあるレッドオークのベンチは、サイズ1500×350×440、テーブルの脚間にスッキリ収まります。材はブラックチェリー/ ウォールナット/ レッドオーク/の3種類からお選びいただけ、サイズも幅が900から1700mmまで100mm単位で調整可能です。

・座面の特徴

座面は中央に向かって斜めにかっとされているので、板座ながらそのまま座っても、硬さをあまり感じません。

ダイニングベンチ横から

写真はウォールナット材

 

◆ハーフアームのダイニングチェア

チェアは2脚ホワイトオーク材、座面はネイビーとベージュ柄でお選びいただいてます。
肘の形状が長すぎないハーフアームの形状になっており、ダイニングチェアをそこまで引きすぎなくても着座しやすくなってます。

 

ハーフアームダイニングチェア

無垢材オイル仕上げの味わいと、K様のライフスタイルに合わせたダイニング空間をハーモニックハウスの家具で演出できて光栄です*

 

K様、この度はありがとうございました!

 

 

 

・今回ご紹介したダイングテーブル
・今回ご紹介したダイングベンチ
・今回ご紹介したダイングチェア

BLOG