fbpx

木枠ソファ/お客様納品事例002/大阪府岸和田市A様

今回のお客様事例は、

岸和田市A様のご自宅です。

お買い上げいただいた家具と床材が、同じウォールナット材で統一されておられます。

 

<ウォールナット材 ロータイプソファとリビングテーブル>

落ち着いた大きめローソファこちらは一年前にご購入頂いた

肘なし・アームレス/ロータイプのソファとリビングテーブルです。

きれいにお使い頂きありがとうございます!

幅2400mmの重厚感のあるソファです。

 

<①木枠ソファ無垢材の魅力>

ソファ木枠部分拡大

オイル塗装の無垢材の木枠は、木肌の素材感が引き立ちます。

このサイズ感で全てがファブリックだと、

生地の色・材質によっては部屋全体に重さや・圧迫感を与えてしまうこともあります。

しかし、

木枠部分がスッキリした印象を与え、アームレスのデザインがリビングルームを引き締めます。

ソファ木枠ウォールナットサンプル ソファ木枠オークサンプル

木部分は、ウォールナットとオークの2種類。

お部屋の床材や建具、お持ちの家具に合わせてお選びいただけます。

 

 

<②選べるバリエーション>

選べるソファ生地

生地は、ファブリック・PVC・本革まで50種類以上からお選びいただけます。

(お選びいただく生地により価格は変わります。)

 

ソファのサイズが選べる

レスソファの幅は、

1400・1600・1800・2000mmの4サイズ

カウチタイプの幅は、

700・800mmの2サイズ。

最近はコーナータイプも登場し、レスソファとカウチタイプを組合せもよし、レスソファを2つをコーナーソファでつないで、広々とご使用いただくことも◎

お部屋にピッタリのサイズ感を実現できます。

 

 

ソファハイバックへ変更可能

背もたれのクッションは、ハイバック仕様に変更可能。

背が高い方にはピッタリです。

また納品事例の写真のように、ヘッドレストも注文可能です。

(一番上の写真参照)

 

 

<③低反発高密度ウレタン使用 こだわりの座り心地>

ソファ全体座り心地                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              木枠とアームレスで高級感のあるデザイン

広々とした座面の広さはもちろんですが、一番の特徴は座面の座り心地です。

 

ソファ座面4層のイメージ

※イメージ

座り心地の秘密は、低反発ウレタンを含む高密度ウレタンの4層の積層構造にあります。

各層が荷重を受け止めることで、沈み込みが少なく身体に負荷のかかりにくい設計を実現しました。

座面の沈み込みが少ない分、型崩れも起きにくいので、他のソファに比べて耐久性が優れています。

フカフカのソファに憧れがあるけど、あの沈み込みが腰痛に堪える、、、など硬めの座面が好きな方にピッタリのソファです。

 

 

ソファ背もたれ座り心地

また座面だけでなく背クッションには、ふんだんにスモールフェザーを使用することで、身体を包み込むような独特のフィット感を体感できます。

 

木枠ソファとリビングテーブル、床材が同じウォールナットでの統一感がお部屋に落ち着きを与えています。

上記ひじ掛けなしのロータイプソファの商品ページ

上記リビングテーブルの商品ページ

 

 

<ウォールナット材ハイバックソファとリビングテーブル>

こちらは今回納品させて頂いた家具たちです。

木枠部分の曲線が美しいウォールナット材のソファと、前回納品させて頂いたリビングテーブル。

同じものを別々のお部屋に納品させて頂きました。

こちらのソファはお店に展示はございませんが、お客様のご要望をお伺いし、理想とするものを納品させて頂きました。

 

<ウォールナット材リビングボードとリビングテーブル>

テレビボードを囲むウォールナットのキャビネットは、用途に合わせて組み合わせし製作いたしました。

上の写真のソファの向かいにあります。

 

今回は、床と家具を同じウォールナット材で揃えられ、統一感を持たせた空間となりました。

お客さまの中には、お部屋をどうやってコーディネートしたらいいのか分からない!とお悩みの方もいらっしゃると思います。

そういった方は、まず床や建具と同じ材種や色味で家具を揃えられてはいかがでしょうか?

 

A様、素敵なお部屋ありがとうございました!

BLOG